FC2ブログ

2017/12/24 (Sun) 07:11
ゆうしゃのぼうけん ~インターバル~(1/2)

sasie6
マーリフがニヤニヤしながら声をかけて来た。
「勇者、勇者、聞きました!」
「なにが?」
「あー様♡」
「なんだあ?お前ひょっとして馬鹿にしてる?」
「とんでもない!むしろその逆です。羨ましいな、と思って。
いいですよね?”あー様”。なんか聞いてると脳味噌がとろけて耳から落ちて来そうです」
(・・やっぱ馬鹿にしてんじゃねえか)
「勇者、私も聞いてもらっていいですか?実は私、
彼女から『先輩』と呼ばれてるんですよ、良くないですか?」
「はあ?お前何言ってんの?」
「ほら、私の場合、職種は違えど同じ術者の上下の間柄という事で!
いや~、いいですよね、『先輩』。ノリが学生っぽくて。
なんか青春というか、響きが甘酸っぱいというか、『先輩』『先輩』、あ~いいな『先輩』正直堪んないっすね」

俺は、こいつは普段識者ぶってるが、根っこのところはアホなんだな、と、半ば呆れ始めていた・・

「まあ、お前の事は置いといて、サムスンは何て呼ばれてるんだ?」
「サムスンは、”サムスンさん”です」
「それは普通なんだな」
「普通ですねえ・・」

<< ゆうしゃのぼうけん ~インターバル~(2/2) | ホーム | さて・・ >>

コメント

てっきり年明けだと思っていたら、年末に進行していた!

年末から再開するって言っちゃったからなあ

親方、そろそろ投下しないと相撲協会から処分されたかと思われますよ。

そんなこと言うから解任されちゃったじゃないか。
それはそうと(2/2)は明日上げます

触手はよ

触手の絡みは後半必ずあるので、
貴殿は信じて真っ直ぐ進むが良い

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP